おねしょと夜尿症

子供がおねしょをして悩んでいるというお母さんたちにとっておねしょ、または夜尿症についてわかりやすく説明しているサイトはとても参考になるものです。

小児科などでもおねしょについて説明していたりしています。

私の友人の子供も、幼児期によくおねしょをしていたそうです。

ただ、幼児期のおねしょは、膀胱の未発達などが原因によるものが多く、深刻になることはない、と言われていたそうです。

心配ない、自然に治る、と言われていても毎晩おしっこで濡れた寝具を洗濯するというのは、友人にとってもかなりストレスになったようですね。

また、自然に治るといってもそれがすぐなのか、ずっと先なのか、先が見えない不安というのもあったそうです。

そんな時参考になったのがおねしょについて書かれたサイトだったそうです。

実際に、友人がお世話になったのがこちらのサイト『夜尿症(おねしょ) | 漢方薬専門の和漢堂薬舗』だったそうです。

ここには実際に自分の子供がおねしょをしたという実例なども掲載されていて、とても心強く感じたそうです。

やはり、自分の子供だけがおねしょをしているのではないか、と少し不安な気持ちがあったみたいですね。

そもそも、おねしょと夜尿症は同じなのか、違うものなのか、私のような素人ではまったくわからないものです。

このサイトでは、そんな疑問も解決してくれます。

それによると、赤ちゃんから5歳頃まで夜寝ている間にお漏らしすることをおねしょといい、5歳以上になっても夜間就寝中にお漏らしすることを夜尿症というのだそうです。

おねしょは基本的に成長過程の上であるものなので病気ではなく、診療の対象となるのは夜尿症だということです。

基本的なことから説明してくれているので、とても参考になりますね。